スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 録画について(2011/01/27)

【1】録画する
【1-1】PCゲームやFlashゲームなど
【1-1-1】使用ソフト→Bandicam(3980円、無料体験版あり)





【1-1-2】使用ソフト→アマレココ(無料)
動画作成中のためしばらくお待ちください。






【1-2】PS3やWii、xboxなどのコンシューマゲーム
【1-2-1】使用機材→ビデオキャプチャBOX GV-MDVD3(~8000円)
・分配機材→①中継プラグ、 ②分配AVケーブル、 ③分配S端子AVケーブル、 ④(PS2,PS3)S端子ケーブル、 ⑤(Wii)S端子ケーブル

・録画:コンポジット、TV出力:コンポジット→①+②
・録画:S端子、TV出力:コンポジット→PS2,PS3の場合①+②+④、Wiiの場合①+②+⑤
・録画:S端子、TV出力:S端子→PS2,PS3の場合①+③+④、Wiiの場合①+③+⑤

動画作成中のためしばらくお待ちください。




【1-2-2】使用機材→MonsterX-i(12000円前後、在庫切れ?)、 (PS2,PS3)D端子ケーブル
・分配機材(無くても可)→D端子セレクター、 D端子分配ケーブル



【2】編集する
【2-1】使用ソフト→Windowsムービーメーカー(無料)

録画したMPEG-2形式の動画などが読み込めない場合はコーデックが足りてない可能性があります。
divxffdshowをインストールしてみて下さい。




【2-2】使用ソフト→ビデオスタジオ Ultimate X3 通常版(16500円)、 ダウンロード版(13600円)
学生さんは格安で買えたりします→ビデオスタジオ Ultimate X3 アカデミック版(11000円)
大きな声じゃ言えませんが学生じゃなくても買えm(ry
動画作成中のためしばらくお待ちください。




【2-3】使用ソフト→パワーディレクター8 Ultra(12800円)
学生さんは格安で買えたりします→パワーディレクター8 Ultra アカデミック版(6000円)
編集は主にパワーディレクター8 Ultraを使用していますが、
現在最新版の9が同じくらいの価格で出てますのでそちらの方がいいかも!
パワーディレクター9 Ultra64 アカデミック版
動画作成中のためしばらくお待ちください。



【3】エンコードする
【3-1】使用ソフト→ニコエンコ(無料)
動画作成中のためしばらくお待ちください。




【3-2】使用ソフト→MediaCoder(無料)
主に使用しています。
動画作成中のためしばらくお待ちください。



【3-3】使用ソフト→AviUtl(無料)
なんかこれが一番いいらしいけど、設定が多そうなのでやめましたw
スポンサーサイト
20:48 | 録画について
comment(4)     -

 録画について3

ぐろてんさんからH.264のエンコード方法を教えていただきました!


録画について1はこちら。
録画について2はこちら。


more... »

23:22 | 録画について
comment(284)     -

 録画について2

録画について1にて頂いた質問をまとめてみました。
(主に大事な部分だけのピックアップですけど)
未解決な所もありますが、参考になれば幸いです。

more... »

21:07 | 録画について
comment(164)     -

 録画について1

ブログ立ち上げました。よろしくです。うぃ~。
録画方法を知りたいと言うコメントを頂きましたので、ここで紹介したいと思います。

頂いた主な質問はこちら



・ゲーム動画を録画
①PCの外部入力にPS2のAVケーブル(3色のやつ)を繋いで録画する。
②DVDレコーダーを使って録画する。
③なんか買って録画する。

キャプチャー環境がある場合は、①で録画可能です。
簡単に言うと、テレビ録画機能がついたPCなら外部入力があると思うので、あとは繋いだらテレビ録画をする時に使っているアプリケーションを利用して録画。
たぶん設定でテレビアンテナ→外部入力へ切り替えればokだと思います。
ちなみにWindows Media Centerで録画する場合、テレビアンテナと外部との切り替えが非常にめんどいです。(切り替えるとテレビチャンネルの設定がいちいちリセットされてしまう)

外部入力が無い場合は、②か③になると思います。
DVDレコーダーはちょっと高いので自分は諦めました。だだでんさんはDVDレコーダーで録画されているようなので、DVDレコーダーを用いて録画される方はそちらを参照してください。

最後に③のなんか買う方法。結局自分はこの方法になりました。
キャプチャーボードというものを買えばいいのですが、種類も多く、なんか難しそうなので、誰でも出来そうなUSB接続の物を購入しました。ちなみにコレ。(amazonで1万くらい)
※Windows7には対応していないため、Windows7を使っている人は対応のソフトウェアを入れる必要があるようです。
ttp://www.iodata.jp/lib/product/g/1891_win7.htm
Windows7版だと表示方法が少し変わるようで「DVテープからビデオをキャプチャ」を押してもらえば今までどおりのようです。




・遅延がある場合
DVDレコーダーを利用したり、結構いいキャプチャーボードを利用すれば映像、音声に遅延が出ないと思いますが、だいたいの場合は若干ズレが出てくるようです。
なので、自分はコレコレを買って、映像と音声を分配させて、片方をPCへ、片方をテレビへとやっています。


PS2

中継プラグで2分配-USB接続のやつ-PC(録画)

テレビ(ゲームプレイ)


こんな感じでやってます。


他には

PS2

テレビ(ゲームプレイ)
| ←テレビの出力端子に3:3AVケーブルを使用
USB接続のやつ-PC(録画)

という方法もあるようです。
お好みでどうぞ!



・自分の声を録音
ゲーム音声と、自分の声を同時に録音させる方法もあるみたいですが、ようわからん\(^o^)/
なので、サウンドレコーダーと言うものを使って自分の声を録音しています。
たぶんWindowsに最初から入ってる?(すべてのプログラム→アクセサリ→サウンドレコーダー)
ちなみにマイクはコチラを使っています。
これをPCの緑とピンクのピンクの方にさせばok
あーあーと喋ってみればサウンドレコーダーが反応するはず。
テスト録音してみて音量が小さかったら、画面右下のスピーカーマークを右クリックして、
録音デバイス→録音→マイク→プロパティ→レベルで調節。


追記
自分はvistaなのですが、vista以外だとサウンドレコーダーは1分しか録音できないようです。
その場合、エフェクタ→再生の速度を下げる にすると録音時間を延ばせるようです。
あとはフリーのソフトを使うのも手ですかね。



・編集
録画したゲーム動画と、自分の声をくっつけるために編集します。
ニコニコ動画にアップするならば容量を100MB以下(flvは40MB以下)にする必要があります。
録画したままのゲーム動画は非常に容量が大きいので自分の声と合わせたら圧縮します。
この圧縮のことをエンコードと言うらしいです。

編集ソフトはWindowsムービーメーカーを利用しています。
→現在はビデオスタジオを使ってます。



まずメディア読み込みで、録画したゲーム動画と、自分の声を読み込みます。
録画したゲーム動画が読み込まない場合、コーデックが無い可能性が大きいです。
ここから無料版をダウンロードしてみてください。
そしてそれぞれビデオとオーディオのところへドラッグ。あとはうまく合わせるだけです。
ちなみにここでも右クリックで音量調節できるので、ゲーム音量を下げたりして、うまく調節するといいかもです。

そうしたら後はムービー発行で作るだけ。

エンコードする際に容量指定出来るのですが、そのまま100MB以下に設定すると恐らく表示サイズがめっちゃ小さくなります(160×120とか)。
ニコニコ動画の規格が512×384なので、表示サイズをこれで圧縮させたいわけです。

そこでまず、すべてのプログラム→Windows Media→ユーティリティ→Windows Media プロファイル エディタを選択。
プロファイルエディタが無い人はここからダウンロード。
名前を適当につけて、オーディオ、ビデオにチェックを入れて、追加をクリック。
ビットレート追加というのが出てくるので、ビットレートを指定します。
ビットレートが大きいほど画質は良いわけです。
ここでは適当に600Kと書きましょう。
(プレミアム会員だと上限800K)

そうしたら、次の画面にいくので、ビデオサイズのところを512×384と書き直します。
この時「ビデオ入力と同じ」にはチェックしないでください。チェックするとなんかエラー出るとか。

あとは保存して、ファイル名つけるだけ。保存先はデスクトップでいいです。


次にコンピュータ→OS(C:)→Program Files→Movie Maker→Shared→Profilesをクリックし、Profilesの中に先ほどデスクトップに保存したやつを移動させます。
Profilesというフォルダが無い場合は作成してください。
移動させるとなんか色々聞いてきますが気にせず続行。


さてこれでムービーメーカーでムービーを発行するときに、追加の設定(S)というところに、600Kのやつが入っているはずです。
それを選択すると表示サイズが512×384のまま圧縮できます。
ただこの場合だと、今度はビットレートが600Kしかないので、600Kのほかにも580Kとか500Kとかいくつか作っておくといいでしょう。
いくつか選んでみて、必要な推定領域が100MB以下になるやつにして、発行すれば出来上がり。


一応出来上がったムービーを1度チェックしてからニコニコ動画にアップしたほうがいいと思います。
ムービー編集時は音がズレてなかったのに、ムービー発行後は音がズレてる…なんてことが結構ありました。


追記:XPの場合
じーちゃ!さんよりコメント頂いたのでコピペします。

・Windowsムービーメーカのエンコード設定(XP版)
1、マイコンピュータ→(C)→ProgramFiles
  →WindowsMediaComponents
  →Encoder
  →WMProEdt.exeをクリックする

2、WindowsMediaプロファイルエディタが開くので、
  名前を適当につけ、下の『オーディオ』と『ビデオ』
  にチェックを入れる。

3、次にその下の『追加』『編集』『削除』という部分の
  『追加』をクリックし、
  『ビットレートの追加』ウィンドウが開くのでビットレートを入力
  (ちなみに僕は150kにしてますが、低すぎますかねw)
  入力後okボタンまたはEnterキーを押すと次の画面に遷移します

4、遷移した先の画面で『ビデオサイズ』というところを
  512×384にする。(ニコニコ動画の画面サイズ)
  他は特にいじる必要がないので、
  そのまま適当な名前をつけ、『保存して終了』
  保存場所はデスクトップでw

5、出来上がったファイルを
  (C)→ProgramFiles→MovieMaker→Shared
  →Profilesの中に移動する。

6、Windowsムービーメーカで
  [ファイル]→[ムービーファイルの保存]をする時、
  [次へ]を2回クリックした先で表示される
  [その他の設定]ラジオボタンをクリックして右の一覧を開いた時、
  一番下に作成した名前の表示が出るので、それをクリックして選択




・高画質にする
自分は現在H.264で動画を作っています→こちら参照!


flv形式で作る場合は以下参照。
ムービーメーカーだとwmv形式にしかなりません。
wmv形式だと、アップロードするとかなり劣化します。
flv形式、mp4(H.264)形式だとアップ後もほとんど劣化しません。
flv形式への変換方法はこちらを参照。

コメントにて教えてくださった方、ありがとうございました。
なんというサムネホイホイ。

ただ、流れは理解できたのですが、ファイル読み込んだ際にエラーが出てしまって断念しましたorz

flv化できました!
VISTAの場合は、WMV形式を読み込まないので、batファイルを作らないといけないようです。


さ、削除されているッ!
困ったなぁ。
こちらを参考にしてみてください。

だだでんさんのブログでも紹介されていましたが、コレを買うのもいいと思います。


頂いた主な質問はこちら

12:22 | 録画について
comment(331)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。